【月・火・水・金】

 9:00~12:30

 16:00~19:30

 

【土・日・祝】

 9:00~12:30

 15:00~18:00

 

【木曜休診】

 

【アクセス】

 新潟市中央区堀之内

 55-14

 

 TEL025-383-6955

 

【窓口精算可能ペット保険】

 アニコム 

 アイペット

 

【クレジットカード】

 不可

 

犬フィラリア症の予防

蚊が媒介するフィラリアという虫が、心臓に寄生する怖い病気です。(右図)

お散歩などで、蚊に刺される可能性があるわんちゃんは、忘れずに予防してください

 

フィラリアの幼虫が犬の体内に入る確率は、3夏経過で92%と言われています。

しかし、その幼虫が血管に入って成長する前に投薬すれば、退治できます。(幼虫は0.3㎜ほど、成虫は30cmにもなる。)

尚、幼虫が血管に入るまでは約1ヶ月かかります。

そこで、蚊の発生する時期は、月に1回定期的に投薬します。

そうすれば、愛犬の体内にフィラリアの幼虫が入っていたとしても、しっかり退治することができ、フィラリア症を予防することができるのです。

 

当院では、5月から11月まで、毎月1回投薬】をすることをお勧めしています。

ノミ・マダニ予防

マダニは一年中、ノミは1日の平均気温が約13度以上あれば活動するといわれています。怖い病気を媒介するので、感染する前に予防することが大切です。

【ノミ】

【ノミが介在する主な病気】

・ノミアレルギー性皮膚炎

・瓜実条虫症

・貧血

・猫ひっかき病

 


環境中に存在するノミの成虫はたった5%、残りの95%が未成熟のノミ(卵・幼虫・蛹)といわれています。大発生する前に予防&駆除しましょう。

【マダニ】

【マダニが介在する主な病気】

・バベシア症

・ライム病

・貧血

・Q熱


ペットについたマダニは無理に取らないでください。マダニの口器(くちばし)が皮膚に残り炎症を起こします。また、マダニを取った人にも病気を媒介することがあります。病院での駆除&予防が大切です。

(最近話題になった、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)も、マダニが媒介します。)